分散システムに関する仕組み

分散システムに関する仕組み

分散システムに関する仕組み

分散システムとは、分散化されているシステムのこととなっています。そして、集中システムによる対比語であり、コンピュータシステムの1形態としては、集中システムによる対義語として、何らかによる分散処理を採用しているコンピュータシステムのこととなっています。例として、それぞれの拠点である企業の各部門や各支店や各学校などに設置されているコンピュータが、オフラインであるテープ搬送など、あるいはオンラインによって相互に、もしくは中央のコンピュータなどと、処理について連携や分担していく形態となっています。

また、メインフレームやスーパーコンピュータに関して、さらに小型のコンピュータであるミニコンピュータやオフィスコンピュータ、サーバーやワークステーション、パーソナルコンピュータ、そして、携帯情報端末などについて総称している場合が多くなっています。この場合に関しては、それぞれのコンピュータにおける実際の使用形態に関しては、分散処理について行っているかどうかは限らないでしょう。なお、現在においてはメインフレームについてもサーバ機能を兼ねているため、明確な分類に関しては困難となっています。また、日本においては、分散システムの意味においてオープンシステムと呼ばれている場合が多くなっていますが、世界的にはオープンシステムとはUnix系に関するシステムを指している用語となっています。

注目リンク

Copyright 2016 分散システムに関する仕組み All Rights Reserved.